CONTACT NEWSLETTER

和装本の作り方

府川 次男

鎌倉時代にすでに見やすさや強度を重視し、ブックデザインも確立されていた和装本。本書は多様な装丁方法が編み出された平安時代の冊子を参考にしつつ、プリンター出力対応の洋紙で作る糸綴じ本や、紙製アルバムを活用した自家製アルバムなど現代流にアレンジした作例を紹介する。冷泉家と和装本の歴史にも触れられる一冊。

1992年,B,H256mm × W180mm × D5mm,綜芸舎,3^製本^ソフトカバー 50ページ,4^備考^ケース入り、ケース裏に一部汚れあり

発行年 発行年
状 態 状 態状態ランクについて
  • A. 使用感が見られず、傷・汚れのない良好な状態です。
  • B. 使用感はあるが、傷・汚れのない比較的良好な状態です。
  • C. 経年並みの使用感や、傷・汚れがある状態です。
  • D. 大きく目立ったダメージ・汚れが見られる状態です。
サイズ サイズ
出版社 出版社
送 料 送料についてはこちらをご覧ください

送料は日本郵便または、ヤマト運輸にてお送りいたします。一回のご注文合計金額が20,000円(税込)以上のお客様には全国送料無料でお届けいたします。詳しくはガイドページをご覧ください。

  • facebook
  • ツイートする

BACK TO INDEX
OPEN CLOSE
Totop