CONTACT NEWSLETTER

かな活字の誕生

板倉 雅宣

1800年代ごろ海外では日本への関心が高まっており、東洋学者の指導により海外で「かな活字」が作られていた。 明治時代初期にかけて多く作られた外国人の日本語活字とはどのような特徴があり、どのような形式だったのか。 フランスやドイツ、オーストラリア、アメリカなど様々な国の多彩な資料を元に年代を追って考察していく。 著者は印刷図書館財団より長年の保存修復に対して感謝状、タイポグラフィ学会から「本木昌造賞」を受賞された経歴のある板倉雅宣氏。

2010年,A,H256mm × W180mm × D7mm,印刷朝陽会,3^製本^ソフトカバー 160ページ

発行年 発行年
状 態 状 態状態ランクについて
  • A. 使用感が見られず、傷・汚れのない良好な状態です。
  • B. 使用感はあるが、傷・汚れのない比較的良好な状態です。
  • C. 経年並みの使用感や、傷・汚れがある状態です。
  • D. 大きく目立ったダメージ・汚れが見られる状態です。
サイズ サイズ
出版社 出版社
送 料 送料についてはこちらをご覧ください

送料は全国一律500円(ヤマト運輸にてお送りいたします)一回のご注文合計金額が10,000円以上のお客様には全国送料無料でお届けいたします。

¥ 1,600(税別)

  • facebook
  • ツイートする

BACK TO INDEX
OPEN CLOSE
Totop