CONTACT NEWSLETTER

活字書体の源流をたどる インキュナブラ(西洋揺籃期本)から築地活版まで

2006年に女子美術大学図書館・女子美術大学美術館共同企画展にて開催された「活字書体の源流をたどる インキュナブラ(西洋揺籃期本)から築地活版まで」の図録。 西欧で作られた最初期の活字印刷物を指すインキュナブラから築地活版まで、和欧本や活字見本帳などの貴重なコレクションを例に解説する。 著者はデザイナーとして活躍する他、グラフィック、書体設計、タイポグラフィを専門とし、女子美術大学大学院客員教授として従事する森啓。

2006年,A,H263mm × W216mm × D10mm,女子美術大学,3^製本^ハードカバー 55ページ

発行年 発行年
状 態 状 態状態ランクについて
  • A. 使用感が見られず、傷・汚れのない良好な状態です。
  • B. 使用感はあるが、傷・汚れのない比較的良好な状態です。
  • C. 経年並みの使用感や、傷・汚れがある状態です。
  • D. 大きく目立ったダメージ・汚れが見られる状態です。
サイズ サイズ
出版社 出版社
送 料 送料についてはこちらをご覧ください

送料は全国一律500円(ヤマト運輸にてお送りいたします)一回のご注文合計金額が10,000円以上のお客様には全国送料無料でお届けいたします。

¥ 2,000(税別)

  • facebook
  • ツイートする

BACK TO INDEX
OPEN CLOSE
Totop